西条 あきやま行政書士事務所
遺言について



遺言には、よく利用されるものに「公正証書遺言」と

「自筆証書遺言」とがあります。


しかし、「自筆証書遺言」は、方式が厳格で

「検認手続き」など、わずらわしい手続が


ありますので、公証役場で作成する「公正証書遺言」

にされるのが、相続人の為にもよろしいでしょう。




「何歳になれば、準備しようか?」ということですが、

イメージ的に、
亡くなる間際にしたらいいのかというと、

そうではありません。

x


・処分する内容が、今後の相続人の生活を考えて

 分配されているか?

・祭祀のことについて、誰が面倒を見ていってくれるのか。

・財産管理を上手くやっていけるのか。



等、相当の判断能力が、必要になります。

 

そんなお客様の相談にお答えします。
 

 

 

注意すべきは、公正証書遺言をしたからといって

 

絶対安心ではありません。

 

相続人には「遺留分減殺請求権」というものがあります。

 

そのため「付言」をしておきましょう。

 

「付言」の文言の書き方が行政書士の腕の見せ所では

 

ないでしょうか。

 

相続人に何故この遺言を残したのか。

 

意志を明確にすることで無味乾燥な遺言書に魂がこもり

 

相続人たちに生き方を指南できるかもしれません。

 

ところで、公正証書遺言は「証人が2名」必要です。

この証人は、守秘義務を背負う行政書士が遺言の秘密を

厳守してくれるので、後々の事を考えれば安心でしょう。



最後に、「公正証書の謄本」を小職に預けておいて

遺言執行手続きをスムーズに運ぶほうが、

相続人達の手をわずらわせないので、良いでしょう。




どうですか、あきやま行政書士事務所

公正証書遺言についての相談(無料)をして

みますか?

d